コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイオロス Aiolos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイオロス
Aiolos

ホメロスの叙事詩『オデュッセイア』に登場するギリシア神話の風神。浮島アイオリアに兄弟姉妹同士結婚している6人の息子と6人の娘とともに住み,すべての風を支配する。オデュッセウスを1ヵ月間歓待し,彼に西風以外のすべての風を中に閉じ込めた皮袋を与え,帰国させようとしたが,オデュッセウスの部下が途中でこの袋を開いたため,船はまたアイオリア島に逆戻りしてしまったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アイオロス

ギリシア神話の風神。浮島アイオリアAioliaに住み,その6人の息子と6人の娘も互いに結婚して父とともに住んでいた。さまざまな風を袋につめ,時季にかなった風を送る。
→関連項目風神

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

アイオロス【Aiolos】

ギリシャ神話の風の神。浮かび漂うアイオリア島の支配者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アイオロス
あいおろす
Aiolos

ギリシア神話の風の神。ヒッポテスまたは海神ポセイドンの子。アイオリア島に住み、風を洞穴または革袋の中に閉じ込めている。オデュッセウスが帰国の途中にこの島へ漂着したとき、風神は英雄を親切に迎え、出発の際には故郷のイタカ島への順風以外のすべての風を閉じ込めた革袋を贈った。しかし、オデュッセウスが寝ている間に仲間たちが中身を酒と誤ってあけたため、あらゆる風が吹き出てすさまじい嵐(あらし)がおこり、船はふたたびアイオリア島に打ち戻された。オデュッセウスはまたもや順風を求めてきたが、風神は神々の怒りを恐れて援助を断った。またアイオロスは、ギリシア人の祖ヘレンとニンフのオルセイスの子、およびポセイドンとアルネ(またはメラニッペ)の子(ともにアイオリス人の祖先)と同一視されている。[小川正広]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアイオロスの言及

【エオリアン・ハープ】より

…風が弦を鳴らす琴。その名はギリシアの風神アイオロスAiolosに由来する。発端は伝説的で,干からびた亀の甲羅に残っていた腱などが風に鳴っていたのを見たヘルメスが弦楽器を作ったというほか,ひとりでに音が出る神秘性を扱った説がある。…

【エオルス音】より

…松風の意味の松籟(しようらい)や電線のうなりなどもこの仲間である。エオルスの名はギリシア神話の風神アイオロスAiolosに由来する。日本には古くから虎落笛(もがりぶえ)という言葉があり,冬の季語になっているが,これは冬の季節風が柵や竹垣の狭いすき間を吹き抜ける時に出すエオルス音をいう。…

【風】より

…ゼウスによって雷で打たれ地底の暗黒界タルタロスに投げこまれた怪物の王テュフォンTyphōnも風の主で,吹く方向と時期が不定の激しい旋風を地上と海上に吹き送り,人々を苦しめる。またアイオリアAioliaと呼ばれる青銅の城壁で囲まれた浮島には,アイオロスAiolosという名の風神が住んでおり,航海の途中この島に立ち寄ったオデュッセウスを歓待したうえに,彼に順風以外のすべての風を詰めた皮袋を持たせて出発させた。ところがオデュッセウスが眠っている間に,彼の家来たちが酒が入っていると思いこの袋の口を開けたため,たちまち暴風が吹き荒れ,船はまたアイオリア島に吹き戻されてしまったという。…

【リパリ[諸島]】より

…面積115km2,人口1万0208(1981)。ホメロスの《オデュッセイア》では風の支配者アイオロスの住む島とされたので,エオリエ諸島Isole Eolieともいう。オリーブ,ブドウ,ブドウ酒の産地。…

※「アイオロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイオロスの関連キーワードエオリアン・ハープリパリ[諸島]シシュフォスエオリエ諸島サルモネウスアルキュオネユリシーズシシフォスエオルス音アタマスヘレン風成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android