コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイタケ(藍茸) アイタケRussula virescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイタケ(藍茸)
アイタケ
Russula virescens

担子菌類マツタケ目ベニタケ科のキノコ。一名アオハツ。夏秋の頃,広葉樹林の地上に生える。傘の直径,柄の長さともに約 10cmになる。傘の表面は緑色,周囲はまだら模様を呈する。柄は白色,開ききった傘の中央はややへこみ,傘の縁は細かな鋸歯状。胞子紋は白色。胞子は亜球形,表面に網目がみられる。本州,北海道に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。食用。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報