コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイッツボル憲法 アイッツボルけんぽうEidsvolls Konstitusjon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイッツボル憲法
アイッツボルけんぽう
Eidsvolls Konstitusjon

1814年5月制定されたノルウェー憲法。キール条約でノルウェーがデンマークからスウェーデンに割譲されて同君連合になると,M.ファルセンを中心として独立運動を進めてきたノルウェー人はアイッツボルに集り,独立を宣言し,自主的な憲法を制定してスウェーデンに認めさせた (1818) 。自由主義的民主主義的憲法で基本的人権,立憲君主制,議会制を基本とする。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アイッツボル憲法の関連キーワードノルウェー史

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android