コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイヌ古式舞踊

デジタル大辞泉プラスの解説

アイヌ古式舞踊

北海道の札幌市、千歳市旭川市、白老郡白老町など、各地に居住するアイヌの人々により伝承されている民俗芸能。アイヌ独自の文化に根ざした歌と踊りで、祭祀的な踊りから生き物の動きを模した模擬舞踏、ユーモラスな娯楽舞踊までさまざまな種類がある。1984年、国の重要無形民俗文化財に指定。2009年、ユネスコ無形文化遺産に登録。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

アイヌ古式舞踊の関連キーワード阿寒湖アイヌシアターイコロ北海道様似郡様似町新ひだか(町)北海道帯広市むかわ(町)新ひだか町アイヌ舞踊世界遺産むかわ町釧路市日高町門別鵡川

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アイヌ古式舞踊の関連情報