千歳市(読み)ちとせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千歳〔市〕
ちとせ

北海道南西部,石狩川の支流千歳川の中流域を占める市。1958年市制。地名はかつてこの地に多く生息した野生のツルにちなむ。明治2(1869)年高知県人が入植したのが始まり。1964年道央新産業都市建設区域の一つに指定され,新設の工業団地に食品,家具,装備品製造業などの工場が進出。陸上自衛隊航空自衛隊の基地が広域を占める。千歳川流域にはサケ,マスの人工孵化場や発電所がある。支笏湖西方の千歳金山では金,銀を採掘したが,1986年閉山。支笏湖周辺は 1949年支笏洞爺国立公園に指定され,支笏湖(水深約 360m),樽前山(1041m),恵庭岳(1320m),丸駒温泉などの観光地,スポーツ施設が多い。千歳川沿いにあるウサクマイ遺跡群キウス周堤墓群はともに国指定史跡。1988年7月新千歳空港が開港した。JR千歳線と石勝線が分岐,国道36号線,234号線,337号線,453号線などが通り,道央自動車道の千歳インターチェンジがある。面積 594.5km2(境界未定)。人口 9万5648(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

千歳市の関連情報