帯広市(読み)おびひろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帯広〔市〕
おびひろ

北海道南東部,十勝平野中央にある市。1933年市制。1957年川西村と大正村を編入。地名はアイヌ語のオ・ペレ・ペレ・ケプ (川尻がいくつにも分かれている意味) に由来。日高山脈石狩山地白糠丘陵に三方を囲まれた十勝平野の中心都市。行政,経済,文化の中枢で,十勝総合振興局の所在地。明治中期以後開拓が進み,豆類,雑穀の集散地として発展。西部には工業団地が造成され,食料品,木材,木製品,一般機器などの工場が立地。南部の川西地区,大正地区は,ジャガイモ,アズキ,テンサイなどの畑作農業と酪農が行なわれる。街路は碁盤目状の直交道路と対角線状の斜向道路を併用している。国道38号線沿いには,工業団地,流通センターなどが造成され,新しい市街地を形成。JR根室本線が通り,国道236号線の起点,241号線の終点となっている。東京,大阪,名古屋に定期航空路が開設されている。大雪山国立公園阿寒国立公園探勝の基地。面積 619.34km2。人口 16万9327(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

帯広市の関連情報