コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アウグスチノ会 アウグスチノかいAugustinians

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アウグスチノ会
アウグスチノかい
Augustinians

アウグスチノ共同生活規則をとる修道会の総称。3つの規則が伝わっているが,『神の下僕のための規則』 Regula ad servos Deiのみが教父アウグスチヌス手になるもので第 211書簡がそれである。タガステの共同生活とそれを継続したヒッポの修道院アウグスチヌスの追求した理想は,自発的に営まれる清貧,貞潔,従順の共同生活であり,内面外面を問わず中庸が尊ばれた。アウグスチノ修道会は7つの騎士修道会ドミニコ会,プレモントレ会,聖母マリアの下僕会,ノラスコ会,聖三位一体会,アレキシオ会,看護修道会らを含み,同じ規則をとる女子修道会をアウグスチノ修道女会と総称する。アウグスチノ会はアウグスチノ修道参事会とアウグスチノ隠修士会に大別される。アウグスチノ修道参事会 Canonici Regulares St. Augustiniは古くから模倣されていたアウグスチヌスの共同生活の理想を継承した参事会を正規の修道会に組織替えしたものであり,多くの修族をもち,中世末期には非常な繁栄をみたが宗教改革以後衰えている。アウグスチノ隠修道士会 Ordo Eremitarum St. Augustiniはアレクサンデル4世の大勅書によって 1256年多くの隠修士会より形成され,中世末期から近世にかけて多くの人材を輩出させ,現在も西ヨーロッパおよび南アメリカで活動している。また女子修道会はアウグスチノ女子修道参事会,履靴と跣足のアウグスチノ女子隠修会などに大別されるが,いずれも中世に普及したものの現在ではかつての繁栄はない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアウグスチノ会の言及

【アウグスティヌス会】より

…ヒッポ司教アウグスティヌスが原則を定めた修道会則(戒律)に従うカトリック修道会の総称。通称アウグスチノ会。聖母マリアの下僕会,聖三位一体会,贖虜の聖母会(メルセス会),アレクシウス会,マリア被昇天会などがあり,ヨハネ騎士修道会やドミニコ会もふくまれる。…

※「アウグスチノ会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone