コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アオカモジグサ あおかもじぐさ

1件 の用語解説(アオカモジグサの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオカモジグサ
あおかもじぐさ
[学]Agropyron ciliare Fr. var. minus Ohwi

イネ科の株立ちの多年草。稈(かん)は高さ1メートルにも達する。花は5~7月に開き、頂端にやや下垂する長さ10~20センチメートルの花穂をもつ。護穎(ごえい)にはざらつく短毛が生え、頂端に1ないしは2歯牙(しが)があり、反り返った芒(のぎ)を出す。北海道から九州にかけての平地の原野にみられ、朝鮮、中国にも分布する。変種のタチカモジは花穂が垂れ下がらず、山地に生え、護穎は無毛である。[許 建 昌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアオカモジグサの言及

【カモジグサ】より

…中国では若芽や果実を食用にしたことがある。女の子がこの草の葉で女の雛人形(ひなにんぎよう)を作ることから髢草(かもじぐさ)の名がついたが,似た種類にアオカモジグサA.ciliare Franch.がある。ヤマカモジグサBrachypodium sylvaticum Beauv.は北海道から九州の山林に生え,カモジグサに外形は似るが,小穂に短い柄があるから別属に入り,全体に短い毛がある。…

※「アオカモジグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone