アオビユ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アオビユ
あおびゆ / 青
green amaranth
[学]Amaranthus viridis L.

ヒユ科の一年草。一名ホナガイヌビユ。茎は無毛で太く直立し高さ1メートルに達する。葉は互生し長柄があり、菱(ひし)形状卵形で長さ5~12センチメートル、幅3~6センチメートル、表面は平坦(へいたん)であるが主脈だけがへこむ。8~9月ごろ茎の上に穂状花序をつけ、花は緑白色で、雄花と雌花が同じ株につく。花被(かひ)および雄しべは5個、包葉は卵形または披針(ひしん)形で先端がとがり、花被より著しく短い。胞果は裂開せず、目だつしわがある。種子は黒いレンズ形。熱帯アメリカ原産で、明治初期に帰化し、いまでは日本全土に自生状態となっている。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android