コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカツメクサ(赤詰草) アカツメクサTrifolium pratense; red clover

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカツメクサ(赤詰草)
アカツメクサ
Trifolium pratense; red clover

マメ科の多年草ムラサキツメクサレッドクローバーともいう。ヨーロッパ原産で,明治の初めに牧草として輸入された植物であるが,いまでは日本全国に広く帰化し,道端や草地に普通にみられる。茎は高さ 30~60cmで,3小葉からなる掌状の葉を互生する。5~8月,短い柄の先に多数の蝶形花冠 (30~70花) が集って咲く。花は淡紅色で,長さ 13~15mm,旗弁の先は円形になる。は先が5裂し,裂片は線形で1片のみが特に長い。果実は径 2.5mmほどの球形で,中に1個の種子を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アカツメクサ(赤詰草)の関連キーワードマメ科

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android