アカテツ科(読み)アカテツか(英語表記)Sapotaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカテツ科
アカテツか
Sapotaceae

約 40属 600種の熱帯産の樹木から成り,樹脂や乳液を分泌したり美味な果実を産するため経済的な価値のあるものが多い。熱帯アメリカ産のサポジラ Achras zapotaはカキに似た甘い汁の多い果実を生じる。また樹皮を傷つけて得られる乳液を集めてチューインガムの原料チクルをつくる。マレー半島原産のグッタペルカノキ Palaquium guttaグッタペルカを産する。これは弾性の少いゴムであるが電気の絶縁性がよく,かつては海底電線の絶縁体に使われ,また虫歯の充填材料として用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアカテツ科の言及

【アカテツ】より

…東南アジアを中心として熱帯域に広く分布するアカテツ科の常緑高木で,高さ15m,直径50cmに達する(イラスト)。小枝,葉の裏,花序に赤褐色の絹毛を密生する。…

※「アカテツ科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android