コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アカヤガラ Fistularia petimba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アカヤガラ
Fistularia petimba

トゲウオ目ヤガラ科海水魚。全長 1.5m。体は縦扁し,きわめて細長く,鱗を欠く。吻は管状に伸び,尾鰭中央の2軟条が糸状に長く延長する。体色赤褐色で,腹側へゆくにつれて白くなる。アオヤガラより深所にすみ,2月頃浮遊性卵を産む。本州中部以南,インド洋オーストラリアアフリカ,北アメリカ太平洋岸に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アカヤガラ
あかやがら / 赤矢柄・赤
cornetfish
[学]Fistularia petimba

硬骨魚綱トゲウオ目ヤガラ科に属する海水魚。北海道以南の日本各地、東部太平洋を除く全世界の暖海域に広く分布する。体は細長くて縦扁(じゅうへん)し吻(ふん)は管状。尾びれの2軟条は糸状に長く伸びる。近縁のアオヤガラとは、目と目の間が深くくぼみ、尾柄(びへい)部の側線鱗(りん)に鋭い後ろ向きの棘(とげ)があり、赤褐色である点で異なる。全長2メートルになる。成魚は沖合いの深みにすみ、底引網で漁獲される。味がよくて、刺身、塩焼き、椀種(わんだね)にする。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアカヤガラの言及

【ヤガラ(矢柄)】より

…ヨウジウオ目ヤガラ科Fistulariidaeの海産魚の総称で,日本ではアカヤガラFistularia petimba(イラスト)とアオヤガラF.villosaの2種が知られる。いずれもはなはだ細長い棒状の体をもち,その後部にほぼ同形の背びれとしりびれが対置するので〈矢柄〉の名がある。…

※「アカヤガラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アカヤガラの関連キーワードヤガラ(矢柄)矢柄・矢幹・簳底引網矢柄

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android