コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクイラ[シノペ] アクイラ[シノペ]Aquila of Sinope

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクイラ[シノペ]
Aquila of Sinope

旧約聖書のギリシア語訳製作者。ポントスのアクイラともいう。2世紀の人。ポントスのシノペに生まれる。初めキリスト教に入信したが,占星術を捨てなかったため破門され,ユダヤ教に近づいてラビからヘブライ語を習得した。その知識により旧約聖書をギリシア語に綿密かつ逐語的に翻訳した。これはユダヤ教会堂で七十人訳 (セプトゥアギンタ ) に代わって読まれたという。メシア (救い主) に関する章句の訳が不正確との口実で,キリスト教徒は一般に好まなかったが,オリゲネスアウグスチヌスは七十人訳よりもアクイラ訳を採用した。断片が現存する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android