コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクセスタイム あくせすたいむ

4件 の用語解説(アクセスタイムの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

アクセスタイム

ハードディスクなどの記憶装置が、CPUからデータ転送の要求を受け、転送を開始するまでの時間のこと。アクセス時間とも呼ばれる。シークタイムとディスクの回転待ち時間を合わせたものがアクセスタイムになる。アクセスタイムが速いほど、記憶装置の性能がよいといえる。円盤形のディスクでは、外周にあるデータと内周のデータのアクセスタイムが異なるため、カタログなどで記載されているアクセスタイムは、最外周と最内周のアクセスタイムの平均時間を指す。これを「平均アクセスタイム」ということもある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アクセス‐タイム(access time)

コンピューターの記憶装置にデータの呼び出し、または書き込みを命令してから、その動作が完了するまでにかかる時間。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アクセスタイム【access time】

コンピューターで、記憶装置にデータの転送を要求してから、データの受け渡しが可能になるまでの時間。呼び出し時間。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクセスタイム
アクセスタイム
access time

コンピュータ用語で,呼出し時間,または待時間のこと。記憶装置の指定されたアドレスに情報を書込んだり,読出しをするための制御信号が伝えられてから,実際に指定された内容の入出力が始るまでの時間をいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アクセスタイムの関連キーワード磁気ディスク内部記憶装置ミラーリングメインメモリー磁気ディスク記憶装置disc cachehard disc driveremovable hard discハードディスクドライブリムーバブル・ハード・ディスク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アクセスタイムの関連情報