コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アクラガス Akragas; Agrigentum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アクラガス
Akragas; Agrigentum

シチリア島南西部の古代ギリシアの植民市 (アポイキア ) 。現イタリアのアグリジェント。前 580年頃ゲラの市民によって建設され,前6~5世紀僭主ファラリスやテロンのもとに繁栄した。アクロポリス上のアルカイック期神殿群の遺跡はこの時期に属し,哲学者エンペドクレスもこの市の出身である。ローマ時代にはアグリゲンツムと称し,ポエニ戦争で打撃を受けたが,その後また復興し,現在までシチリアの主要都市の一つとして存続してきた。しかし,その面積は古代ギリシア時代に及ばない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アクラガス【Akragas】

シチリアの南海岸に前581年ころに建設されたギリシア植民都市。母市はゲラGela。前6世紀後半から農業などによって栄え,僭主テロンの時代(前488‐前473)に最盛期を迎える。しかし,シチリアの征服を意図するカルタゴが前406年この都市を略奪,破壊した。前338年再建されるが,すぐにポエニ戦争の渦中にまき込まれ,第2次ポエニ戦争のとき破壊される。戦後復興しアグリゲントゥムAgrigentumとなるが,以前の重要性はなくなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアクラガスの言及

【アグリジェント】より

…1927年まではジルジェンティGilgenti。ギリシア植民都市時代はアクラガス,ローマ時代はアグリゲントゥムと呼ばれ,9世紀に支配したアラブ人の呼び名であるジルジェンティを経て,1927年に現在名が採用された。第2次大戦中,連合軍のシチリア上陸(1943年7月10日)にさいしての大空襲のために,壊滅的な損害を被った。…

※「アクラガス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アクラガスの関連キーワードテロン[アクラガス]アトランテスアガトクレスヒメラの戦いドゥケチウスシモニデスアトラントリカータ神殿の谷アトラスゲロンヒメラ