純潔(読み)じゅんけつ

精選版 日本国語大辞典「純潔」の解説

じゅん‐けつ【純潔】

〘名〙 (形動)
① けがれがなく清らかなこと。また、そのさま。純粋。
※舎密開宗(1837‐47)外「世に雨水の純を称すとも試薬に頼れば亦雑物を見る」
② 私欲や邪念がなく、心の潔白なこと。また、そのさま。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「この赤水は、極純潔の心を以て用ひざれば、効能あらずとぞありける」 〔魏志‐管寧伝注〕
異性との性的な交わりがなく、心やからだがけがれていないこと。また、そのさま。
※処女の純潔を論ず(1892)〈北村透谷〉「も愛好すべきは処女の純潔なるかな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「純潔」の解説

じゅん‐けつ【純潔】

[名・形動]
けがれがなく心が清らかなこと。また、そのさま。「純潔な精神」
異性との性的なまじわりがなく心身が清らかなこと。「純潔を守る」
[派生]じゅんけつさ[名]
[類語]潔い潔癖堂堂正正堂堂高潔潔白清純廉直清廉廉潔貞潔毅然きっぱり断固断然断じて頑として屹度きっとびしびし心を鬼にする綺麗清い清らか清潔清浄せいじょう・しょうじょう清澄清冽せいれつ清麗無垢むくプラトニックナイーブ純情純粋清楚純真無垢純真貞操みさお

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android