コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサマシジミ あさましじみ

1件 の用語解説(アサマシジミの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサマシジミ
あさましじみ / 浅間小灰蝶
[学]Lycaeides subsolanus

昆虫綱鱗翅(りんし)目シジミチョウ科に属するチョウ。北海道、本州の中部地方および関東地方西部の山地に分布し、地域により成虫の大きさや色彩にやや著しい差異がある。近年まで北海道産はイブリシジミ、長野県上高地産はヤリガタケシジミ、同県戸隠山(とがくしやま)産はトガクシシジミ、中部地方低山地産はアサマシジミとよばれ、それぞれ別種とされることが多かったが、現在ではすべて同一種の地理的変異として扱われている。日本以外では朝鮮半島、中国東北部、東シベリアに分布する。はねの開張は30ミリメートル内外、雄のはねの表は明るい青色からやや紫色を帯びた暗い青藍(せいらん)色まで地域的な変異がある。雌のはねの表は暗褐色で青色鱗はない。年1回発生し、低山地では6月中旬ごろから、高地では7~8月に出現する。幼虫の食草はマメ科植物、ナンテンハギ、シロウマオウギ、タイツリオウギ、イワオウギ、モメンズル、エビラフジ、クサフジ、ヨツバハギ、ミヤマタニワタシなどを食べる。卵態で越冬する。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアサマシジミの言及

【ヒメシジミ】より

…卵で越冬する。近縁種には北海道と本州に分布するアサマシジミLycaeides subsolana,本州に分布するミヤマシジミL.argyrognomonがあり,いずれも外見はヒメシジミに似ている。【高橋 真弓】。…

※「アサマシジミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone