コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシュビル アシュビルAsheville

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシュビル
Asheville

アメリカ合衆国,ノースカロライナ州西部の都市。アパラチア山系のブルーリッジ山脈をブロード川が切る谷にあり,標高約 700m。長い間,ノースカロライナ州西部山岳地域の文化,観光,経済の中心地。グレートスモーキー山岳国立公園への玄関口にあたり,近くにはミシシッピ川以東の最高峰ミッチェル山 (2037m) がある。インディアンの土地であったが,アメリカ独立後の 1794年,J.バートンが初めて入植。 1880年ウェスタン・ノースカロライナ鉄道敷設により,タバコ,畜産の集積地となる。世界屈指のレーヨン工場があり,繊維,家具,製紙などの工業も発達。小説家 T.ウルフの生誕地で記念館がある。人口6万 1607 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシュビル
あしゅびる
Asheville

アメリカ合衆国、ノース・カロライナ州西部の観光・保養都市。人口6万8889(2000)。ブルー・リッジ山脈の高原上に位置し、グレート・スモーキー山脈国立公園、ピスガー国立森林地区にも近く、観光が重要な産業となっている。ノース・カロライナ州西部の金融、流通、交通、小売業の中心地。たばこ加工、木材、電子部品、衣服、製紙、食品、ガラス加工などの工業がある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アシュビルの関連キーワードノースカロライナ大学アッシュビルノーランド

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アシュビルの関連情報