コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシュビル アシュビルAsheville

2件 の用語解説(アシュビルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシュビル
アシュビル
Asheville

アメリカ合衆国,ノースカロライナ州西部の都市。アパラチア山系のブルーリッジ山脈ブロード川が切る谷にあり,標高約 700m。長い間,ノースカロライナ州西部山岳地域の文化,観光,経済の中心地。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシュビル
あしゅびる
Asheville

アメリカ合衆国、ノース・カロライナ州西部の観光・保養都市。人口6万8889(2000)。ブルー・リッジ山脈の高原上に位置し、グレート・スモーキー山脈国立公園、ピスガー国立森林地区にも近く、観光が重要な産業となっている。ノース・カロライナ州西部の金融、流通、交通、小売業の中心地。たばこ加工、木材、電子部品、衣服、製紙、食品、ガラス加工などの工業がある。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アシュビルの関連情報