コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アシロ Ophidion asiro

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アシロ
Ophidion asiro

アシロ目アシロ科。体長 20cmになる。体は細長く側扁し,尾端はとがらない。口は大きい。腹鰭は喉位。体色淡褐色で,背鰭臀鰭および尾鰭辺縁黒褐色。水深 200m前後の海底からまれに底引網で漁獲される。神奈川県三崎から土佐湾に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アシロ
あしろ / 阿代
drab cusk-eel
[学]Ophidion asiro

硬骨魚綱アシロ目アシロ科に属する海水魚。相模湾(さがみわん)以南の太平洋岸、隠岐(おき)諸島、東シナ海、台湾に分布する。和名は学名の種小名になり、さらに目名、科名にもなっている。体は細長く、やや側扁(そくへん)する。鱗(うろこ)は頭にはないが、体には小さく細長い円鱗(えんりん)が、相互に斜め直角に並ぶ。背びれは胸びれの先端部上方から始まり、後端で尾びれとつながる。臀(しり)びれは背びれ起部より後方から始まり尾びれとつながる。尾びれの後端は丸い。腹びれは2本で、目の下方にあり、ひげのように見える。体は一様に淡褐色で、背びれ、臀びれおよび尾びれの縁辺は黒い。体長は20センチメートルほどになる。水深100~200メートルにすみ、底引網でまれにとれる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アシロの関連キーワードアシロマAI二十三原則シクロペンタデカノンイタチウオ(鼬魚)ヨロイイタチウオボウズカクレウオセダカイタチウオミスジオクメウオアシロマAI原則キングクリップシオイタチウオシマイタチウオアシロマ原則江戸っ子1号アシロマ会議脂環式化合物ヨミノアシロウミドジョウうきぶくろ遺伝子工学イタチウオ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android