アジア作曲家連盟(読み)アジアさっきょくかれんめい(英語表記)Asian Composers' League; ACL

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジア作曲家連盟
アジアさっきょくかれんめい
Asian Composers' League; ACL

アジアの伝統音楽を現代音楽創作の基礎に据えて,その発展に寄与し,また,アジアの作曲家相互の交流と理解を図るために,1973年4月に創立された団体。日本,韓国,香港,中国,タイ,フィリピンマレーシアシンガポールオーストラリアニュージーランドなどの,環太平洋の国と地域の作曲家たちによって構成される。 74年には京都で第2回大会を開いて,その後,隔年に音楽祭を開催している。西欧の前衛音楽もポピュラー音楽も停滞している時代にあって,非西洋音楽が注目されているが,この連盟は,西洋的な創作を行なってきたアジアの作曲家たちが,民族的な伝統と向き合う際の共通の問題をとおして,西洋とは異なるアジア独自の創作の道を模索する意味で,脱西洋の意識の具体的な現れと考えられよう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジア作曲家連盟の関連情報