コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アジャン Agen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アジャン
Agen

フランス南西部,ロトエガロンヌ県の県都。ガロンヌ川中流右岸に位置し,背後にエルミタージュ丘陵斜面が迫っている。町の北側をガロンヌ並行運河が通り,北西隅で運河橋により本流を横切っている。起源はローマの要塞都市アギヌム。河川交通路とアキテーヌ盆地東部の南北交通路の交点にあって発達した町で,中心部には中世風の町並みが残り,ゴシック様式の大聖堂 (12世紀) などもあり,貴族城館3つを合せて設立された美術館には,ゴヤの作品をはじめ陶器,考古学出土品などが,各時代にわたって展示されている。古くから船員の壊血病予防用の干しプラムの産地として知られていたが,現在も果物,早期栽培野菜などの大集散地。食品,機械工業も発達。人口3万 2233 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アジャン
あじゃん
Agen

フランス南西部、ロート・エ・ガロンヌ県の県都。ガロンヌ川右岸に面し、人口3万0170(1999)。行政と商業の中心地であるが、鉄道と自動車道路が集まる交通の中心でもあり、農産物の集散地としても重要である。町の起源はガリア人の集落に始まり、ローマ時代には街道がこの町を横切り、カロリング朝時代にこの地方の中心都市となった。ロマネスクとゴシック様式の大聖堂、13~15世紀創建の教会がある。[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アジャンの関連キーワードエスプリングアジャンスシャルル・ドルレアンアウランガーバードアジャンクールの戦ミシェル セールマハラシュトラ州ヘンリー[5世]バーカータカ朝アジャンタ壁画ノストラダムスチャイティヤトロアの和約エローラ石窟野生司 香雪エストラードシーギリヤ野生司香雪ジャスマンデュピュイバンデッロ

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アジャンの関連情報