コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスティ Asti

翻訳|Asti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスティ
Asti

イタリア北西部,ピエモンテ州アスティ県の県都。トリノ東南東約 45km,ポー川支流のタナロ川に面する。ローマ時代の植民地。 13世紀に自治都市として全盛期を迎え,その後は衰微した。ブドウ,野菜栽培地帯の中心にあり,ここのワインはアスティワインとして有名。繊維,食品缶詰工業,窯業などがある。ゴシック様式聖堂や塔などが多い。人口7万 2384 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

アスティ【Asti(イタリア)】


イタリア北西部のピエモンテ州アスティに産する、モスカートビアンコ種のぶどうを用いた白のスプマンテ。イタリアを代表するスプマンテの一つ。◇1865年、カルロ・ガンチアがフランスから製法を持ち帰ってつくりはじめたと伝えられる。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスティ
あすてぃ
Asti

イタリア北西部、ピエモンテ州アスティ県の県都。人口7万0598(2001国勢調査速報値)。タナロ川沿いに位置する。ローマ時代に自治市として発展、5世紀には司教座が置かれた。13~15世紀には、イタリア―フランス間の交通の要地として著しい繁栄をみた。今日なお存在するゴシック式の大聖堂や貴族の館(やかた)に、当時の繁栄ぶりをうかがうことができる。機械、食品などの工業が発達する。また、とりわけぶどう酒の生産では有名である。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアスティの言及

【ピエモンテ[州]】より

…人口431万(1994)。トリノ,アレッサンドリア,ノバラ,アスティAsti,クネオCuneo,ベルチェリ,ビエラBiella,ベルバノ・クジオ・オッソラVerbano-Cusio-Ossolaの8県から成る。州都はトリノ。…

※「アスティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アスティの関連キーワードパンチャースティカーヤサーラヨンドシーホールディングスロード・オブ・ザ・リングエンスージアスティックミハエル ツウェットスパークリングワインピッチ・パーフェクトジャンニ バッソロンバルディア人アスティパレア島ピエモンテ[州]ドデカニソス諸島ディオファントスユーノス100スタンパリア島アルフィエーリワヤン・オランアステュアゲスドデカネス諸島疑似イベント

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アスティの関連情報