コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスティ アスティ Asti

翻訳|Asti

3件 の用語解説(アスティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスティ
アスティ
Asti

イタリア北西部,ピエモンテ州アスティ県の県都。トリノ東南東約 45km,ポー川支流のタナロ川に面する。ローマ時代の植民地。 13世紀に自治都市として全盛期を迎え,その後は衰微した。ブドウ,野菜栽培地帯の中心にあり,ここのワインアスティワインとして有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典の解説

アスティ【Asti(イタリア)】


イタリア北西部のピエモンテ州アスティに産する、モスカートビアンコ種のぶどうを用いた白のスプマンテ。イタリアを代表するスプマンテの一つ。◇1865年、カルロ・ガンチアがフランスから製法を持ち帰ってつくりはじめたと伝えられる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスティ
あすてぃ
Asti

イタリア北西部、ピエモンテ州アスティ県の県都。人口7万0598(2001国勢調査速報値)。タナロ川沿いに位置する。ローマ時代に自治市として発展、5世紀には司教座が置かれた。13~15世紀には、イタリア―フランス間の交通の要地として著しい繁栄をみた。今日なお存在するゴシック式の大聖堂や貴族の館(やかた)に、当時の繁栄ぶりをうかがうことができる。機械、食品などの工業が発達する。また、とりわけぶどう酒の生産では有名である。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアスティの言及

【ピエモンテ[州]】より

…人口431万(1994)。トリノ,アレッサンドリア,ノバラ,アスティAsti,クネオCuneo,ベルチェリ,ビエラBiella,ベルバノ・クジオ・オッソラVerbano-Cusio-Ossolaの8県から成る。州都はトリノ。…

※「アスティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アスティの関連キーワードスプマンテオルタサンジュリオカステッロ広場バレンティーノ公園ピエモンテイタリアワインネッビオーロバルバレスコバローロピエモンテ[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスティの関連情報