コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスピーテ 〈ドイツ〉Aspite

世界大百科事典 第2版の解説

アスピーテ【Aspite[ドイツ]】

K.シュナイダーが提唱・命名した火山体分類の型の一つで,今では楯状火山とよばれる。火山【鈴木 隆介】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスピーテ
あすぴーて

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアスピーテの言及

【火山】より


[シュナイダーの火山分類]
 ドイツのK.シュナイダーは地球上のすべての火山を,その断面形,溶岩と火山砕屑岩の割合などに基づいて次の七つの基本形(単式火山)に分けて認識できると考えた(1911)。(1)ペディオニーテ(溶岩台地),(2)アスピーテ(楯状火山),(3)トロイデ(溶岩円頂丘),(4)ベロニーテ(火山岩尖),(5)コニーデ(成層火山),(6)ホマーテ(砕屑丘),(7)マール(マール)。括弧内は訳語ではなく,現在使用されている用語のうち,最も近いと考えられるものである。…

※「アスピーテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アスピーテの関連キーワードシュナイダーの火山分類十和田八幡平国立公園岩手県八幡平市松尾磐梯朝日国立公園後生掛[温泉]月山(山形県)藤七[温泉]秋田県鹿角市西海国立公園八幡平道路後生掛温泉五島(市)蒸ノ湯温泉嵯峨ノ島出羽山地藤七温泉男鹿半島ハワイ八幡平済州島