コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスペルギルス 〈ラテン〉Aspergillus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスペルギルス
あすぺるぎるす
[学]Aspergillus

不完全菌類、モニリア目に属するカビをいう。アスペルギルAspergil-とはローマカトリック教で使われる洗礼用具の一つで形状が似ていることからこの名がある。菌学上では「コウジカビ」の名があてられるが、医学関係者の間ではアスペルギルスの名を使うことが多い。[曽根田正己]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アスペルギルスの関連キーワードアレルギー性気管支肺アスペルギルス症乾酪性上顎洞炎(上顎洞真菌症)エイズのおもな合併症ニホンコウジカビアスペルギルス症肺真菌症の病変好酸球性肺炎深在性真菌症外耳道真菌症毛舌/黒毛舌ユーロチウム真菌性髄膜炎菌交代現象イタコン酸皮膚真菌症日和見感染アレルギー麹黴・麴黴院内肺炎抗真菌剤

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android