アセットバック証券(読み)あせっとばっくしょうけん

投資信託の用語集「アセットバック証券」の解説

アセットバック証券


自動車ローンやリース、クレジットカードなど各種の債権や商業用不動産等の資産を裏づけとして発行される証券総称米国で資産の流動化やオフバランス化を目的として開発され、日本では1998年に証券取引法(現:金融商品取引法)上の有価証券として認められ、現在ではアセットバック証券を組入れる投資信託も運用されている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android