コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アダパ アダパ Adapa

2件 の用語解説(アダパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アダパ
アダパ
Adapa

アッシリア・バビロニア神話における人類の始祖。バビロニアの聖都エリドゥーにおいて,人民を支配するために知恵の神エアによってつくられた。神から,巨大な耳とすぐれた聡明さと極端な慎重さとを与えられ,それにより,人類生誕のエリドゥー神話の英雄になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アダパ
あだぱ
Adapa

メソポタミア神話の一つに登場する人間の名。アッカド語で書かれたこの物語は、四つの断片から再構成されている。シュメールの都市エリドゥの守護神であるエアは、神に仕える人間アダパをつくり、自分の息子とした。アダパは帆船を操って魚をとり、エアの神殿に捧(ささ)げていた。ある日アダパが魚をとっていると、鳥として表される南風が吹き荒れ、舟は転覆した。そして彼の呪(のろ)いのことばにより南風の翼が折れた。天神アヌは立腹し、アダパを天界に呼び出した。エアはアダパに、天界で差し出されたものを食べないよう教えた。天神アヌは彼に生命の食物を差し出したが、アダパはこれを食べなかったので、人間は死ぬことを運命づけられたという。[矢島文夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アダパの関連キーワードアッシリア美術新バビロニアナボポラッサルバビロニアバビロニア語バビロニア美術バビロン捕囚カルデア新バビロニア王国シャムシアダド[1世]

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アダパの関連情報