コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アチェ・ハモ A ce hla mo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アチェ・ハモ
A ce hla mo

チベットの演劇。およびそれを演じる劇団をさす。本来は演劇の女主人公の意。ラサでは毎年チベット暦7月初旬,政府指定の劇団が招集され,約1週間ノルブリンカ離宮の舞台,野外の芝生,貴族の邸内などで劇が上演される。出し物はノルブリンカ離宮の場合,スーキ・ニマ伝ドワ・サンモ伝ナンサ伝ベマ・ウンバルマ伝など約 10種の伝記で,仏教教化的な内容のものである。ほかの場所では新作劇も上演されることがある。多くの場合楽器演奏を伴う歌舞で,せりふは少い。幕間に小喜劇が挿入される。舞台には必ず木が立てられ,祭壇が設けられる。舞台装置は身近にあるもので象徴的に表わし,役柄は衣装,顔の隈取 (くまどり) の色分け,仮面などで表現する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アチェ・ハモの関連キーワードチベット文学

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android