アチェ

百科事典マイペディア「アチェ」の解説

アチェ

インドネシアのスマトラ北部に居住する人びと。マレー人,ジャワ人,インド人,ニアス島人などとの混血。稲作に従事する農耕民で,イスラム教徒が多い。かつてアチェ王国が北西岸を中心に,さらに中央部にかけて栄えたが,19世紀末にはオランダ人植民者と衝突(アチェ戦争,1873年―1912年)して敗北,以後オランダの支配に入った。インドネシア独立後は,中央政府からの分離・独立を主張するダレル・イスラム運動を展開,1959年中央政府はアチェ地方を特別州とし自治権を承認した。しかし1970年代から独立派との武力衝突が続き,1980年代末から国軍はその武装組織〈自由アチェ運動〉(GAM)の掃討作戦を始めたが,中央政府は特別な自治権を与える方向を示し,2002年に州名をナングロアチェ州(州都バンダアチェ)に変更,同年末には停戦合意が成立した。しかし,2003年5月に和平交渉が決裂し,政府軍は討伐作戦に入った。2005年8月,中央政府とGAMが和平合意に正式署名した。
→関連項目アジアインドネシアスマトラ[島]バンダ・アチェ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android