コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッソス Assos; Assus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アッソス
Assos; Assus

トロイ地方の古代ギリシアの都市。トルコ北西部のチャナッカレ市南南西約 75kmに位置する。アドラミュティオン (エドレミト) 湾にのぞみ,レスボス島のミシムナから前 1000年頃渡来したアイオリス人の植民都市として建設された。アケメネス朝ペルシア時代には独立を保ったが,アレクサンドロス3世 (大王) に征服され,以後ペルガモン王国,ローマの支配を受け,ビザンチン時代はマクラミオンと呼ばれた。アリストテレスがこの地に建てられたプラトン学派の学校で学び (前 347~344) ,ストア学派クレアンテスがここで生れたことでも著名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アッソスの関連キーワードローベルト・J. コルデヴァイベフラムカレヘルミアス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android