アッベ(Ernst Abbe)(読み)あっべ(英語表記)Ernst Abbe

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アッベ(Ernst Abbe)
あっべ
Ernst Abbe
(1840―1905)

ドイツの物理学者。1月23日アイゼナハに生まれる。1870年イエナ大学教授、1878年同大学天文・気象観測所長となった。1866年からカール・ツァイスの光学工場と協力関係にあり、1875年共同経営者となり、光学機械やレンズの性能向上に力を尽くした。1884年、ツァイス、O・ショットと協力して光学ガラス会社を設立した。1888年ツァイスの死後、カール・ツァイス光学会社の社長となり、政府、大学、労働者がそれぞれ利益を得るような協同企業体に組織がえをして、後の同社の隆盛の基礎を築いた。光学ガラスと光学機械の研究と改良に多くの功績を残し、アッベ屈折計、分光器、顕微鏡の照明装置、プリズム双眼鏡の発明や改良で知られている。光学ガラスの分散を表す量としてアッベ数は現在でも広く用いられている。1905年1月14日イエナで没した。

[辻内順平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android