アテナ・パルテノス(英語表記)Athēna Parthenos

世界大百科事典 第2版「アテナ・パルテノス」の解説

アテナ・パルテノス【Athēna Parthenos】

パルテノンの主神である女神アテナの像。フェイディアスによって前438年に完成された原作は失われたが,ローマ時代のいくつかの小さな模刻像および古代の記録などから,その姿をある程度まで復元することができる。女神アテナは正面を向いて直立し,左手で盾と槍を支え,右掌に勝利の女神ニケを載せ,衣の上に蛇の総(ふさ)とゴルゴンの首のついたアイギスを当て,頭にはペガソススフィンクスで飾られたをかぶっていた。表に巨人族と戦う神々,裏にアマゾン族と戦うギリシア人を描いた盾の内側には,アクロポリスの蛇がとぐろを巻き,台座にはパンドラの誕生が表されていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android