コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アテナ・パルテノス Athēna Parthenos

1件 の用語解説(アテナ・パルテノスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アテナ・パルテノス【Athēna Parthenos】

パルテノンの主神である女神アテナの像。フェイディアスによって前438年に完成された原作は失われたが,ローマ時代のいくつかの小さな模刻像および古代の記録などから,その姿をある程度まで復元することができる。女神アテナは正面を向いて直立し,左手で盾と槍を支え,右掌に勝利の女神ニケを載せ,衣の上に蛇の総(ふさ)とゴルゴンの首のついたアイギスを当て,頭にはペガソススフィンクスで飾られた冑をかぶっていた。表に巨人族と戦う神々,裏にアマゾン族と戦うギリシア人を描いた盾の内側には,アクロポリスの蛇がとぐろを巻き,台座にはパンドラの誕生が表されていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone