コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペガソス Pēgasos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペガソス
Pēgasos

ギリシア神話の有翼の神馬。ポセイドンの種により妊娠していたゴルゴのメドゥサが,ペルセウスに首を斬られ殺されたとき,その傷口からクリュサオルとともに出生したという。アテナに助けられた英雄ベレロフォンに捕えられてその乗馬になり,彼にキマイラ退治をはじめ多くの手柄をあげさせた。しかしおごったベレロフォンは,ペガソスに乗って昇天しようとしたため,ゼウスの雷に打たれ落馬して地上に転落し,ペガソスはそのまま天に昇り,最後には星座になったとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ペガソス(Pēgasos)

ギリシャ神話で、翼を持つ神馬。ペルセウスに殺されたメドゥサの血から生まれ、ゼウスの雷の運び手や、英雄ベレロフォンの愛馬として活躍。また、ミューズたちの住むヘリコン山に、蹄(ひづめ)の一蹴りでヒッポクレネの霊泉をわき出させた。のち、天上の星座になったという。ペガサス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ペガソス

ギリシア神話の有翼の天馬。ペルセウスに殺されたメドゥーサの血から生まれた。大地を蹴ると泉がわき出すといい,ヘリコン山のヒッポクレネの泉はその一つ。ベレロフォンに捕らわれ,その冒険を助けたが,ベレロフォンが天に上ることを望み,彼を振り落として飛び続けて星(ペガスス座)になったとされる。
→関連項目ポセイドン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ペガソス【Pēgasos】

ギリシア神話の有翼の天馬。英雄ペルセウスに殺された女怪メドゥーサの血から生まれた。のち英雄ベレロフォンの持ち馬となり,怪獣キマイラ退治,女族アマゾンとの戦いに際して主人を助けたが,ベレロフォンが天に上ろうと試みたとき,ペガソスは彼を投げ落とし,みずからはそのまま飛翔をつづけて天の星になったという。詩人の霊泉として有名なボイオティア地方のヘリコン山のヒッポクレネHippokrēnēの泉は,ペガソスが大地を蹴って湧出させた多くの名泉のひとつと伝えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ペガソス
ぺがそす
Pegasos

ギリシア神話の翼をもつ神馬。ヘシオドスは、世界の西の果てオケアノス(大洋)のペガイ(水源)で生まれたためにこの名がつけられたと説明しているが、これはギリシア人が先住民族から受け継いだ名称と考えられている。ポセイドンの胤(たね)を宿していたメドゥサがペルセウスに首をはねられたとき、その切り口からペガソスとクリサオルが生まれ出た。ペガソスは人間の手になる馬銜(はみ)をかませられることはなかったが、泉で水を飲んでいるとき、アテネの神助を得たベレロフォンに捕らえられてその乗馬となった。そして、口から火を吐く山羊(やぎ)の怪獣キマイラや、勇猛なソリモイ人、女戦士アマゾンと戦うベレロフォンを助けた。しかし、ベレロフォンがペガソスを駆って天のゼウスの宮にまで昇ろうとしたとき、ペガソスは傲(おご)れる騎手ベレロフォンを振り落とし、ゼウスのために雷電を運ぶ役目についたとされる。
 ペガソスが蹄(ひづめ)で打った所にヒッポクレネ(馬の井)という泉が湧(わ)き出たという伝説は、ムーサイ(詩の女神たち)の住むヘリコン山をはじめ、ギリシア各地に伝わっていた。ローマ時代にはこの天馬は不死のシンボルとされ、今日ペガスス座にその名を残している。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のペガソスの言及

【ウマ(馬)】より

…白馬がケルト,ゲルマン,その他の社会で神意を知るための占いに用いられたのは,人間も及ばぬ優れた判断力をもつからであろう。天がける馬はときには翼を与えられ(ギリシアのペガソスなど),海に入れば下半身が魚ともなる。人頭馬身の怪獣としてケンタウロスが知られ(古代ギリシアのテッサリアの蛮族が巧みに馬を操り,人馬一体のごとく見えたのを起源とするといわれる),他方,馬頭人身の形もあり(馬頭観音など),馬と人間との強いかかわり合いを示している。…

【ゴルゴン】より

…このため,ゴルゴンの首を取ってくることを命じられた英雄ペルセウスは,まずグライアイから目を奪ってゴルゴンたちのすみかへの道を聞き出したあと,その目を直視して石化させられないように,鏡に映る姿をたよりに睡眠中の彼女たちに近づき,3姉妹のうちでただひとり不死身ではなかったメドゥーサの首を切り落とした。このとき,海神ポセイドンのたねを宿していたメドゥーサの血から,有翼の天馬ペガソスが生まれた。またメドゥーサの首はのちに女神アテナのアイギス(ヤギ皮楯)の飾りとなったという。…

【ベレロフォン】より

…しかしそれを拒まれると,彼女は逆に彼が邪恋を寄せたと夫に訴えたため,王は本状持参の者を殺すようにとしたためた手紙を持たせて,彼を王妃の父,小アジアのリュキア王イオバテスIobatēsのもとへ赴かせた。そこでリュキア王は彼に怪獣キマイラ退治を命じたが,ベレロフォンは有翼の神馬ペガソスの助けを得て怪獣を射殺したばかりか,次に命じられたソリュモイ人,アマゾン族の征伐などの難業をも首尾よくなし遂げたので,王女を妻に与えられ,王国の継承者とされた。しかし,のちに彼はペガソスに乗って天に登ろうとしてゼウスの怒りを買い,神馬から振り落とされて不具になったという。…

※「ペガソス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペガソスの関連キーワードアテナ・パルテノスこうま座(小馬座)アテナ・パルテノスこうま(小馬)座ウミテングエリコン山ゴルゴンこうま座国旗

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android