スフィンクス(英語表記)Sphinx

翻訳|sphinx

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフィンクス
Sphinx

古代オリエント神話に出てくる人間の頭とライオンの胴体をもつ怪物エジプト起源で,シリア,フェニキアバビロニアペルシアギリシアなどで早くから知られていた。最古の像はエジプトのギザの大スフィンクスで,長さ 73.5m,高さ 20m,顔幅 4mという巨大なものである。第4王朝のカフラー王の肖像ともいわれ,額に王権の象徴であるへび形章をつけている。またギリシアでは幼児をさらう怪物と考えられ,女神ヘラがテーベに送ったスフィンクスは,人々に「朝は4脚,昼は2脚,夜は3脚で歩くものは何か」というをかけ,解けない間は市民たちを食い殺していたが,オイディプスが「それは人間である」と答えたため死んでしまったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スフィンクス(Sphinx)


ギリシャ神話で、胸から上は女、下はライオンで、翼をもった怪物。テーベの近くに現れ、通行人に「朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足で歩く生き物は何か」という謎をかけ、答えられない者を殺していたが、オイディプスが「それは人間だ」と解いたとき、谷に身を投げて死んだという。
古代エジプトやアッシリアで、神殿・王宮墳墓守り神として作られた、顔が人間でからだがライオンの石像
家猫の一品種カナダ原産。全身の被毛とひげがないのが特徴。体つきは細めで、耳が大きい。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スフィンクス

人間の頭,獅子(しし)の体に翼をもつ怪物。エジプトからシリア,メソポタミア,ギリシアに広まる。ギリシア伝説でのスフィンクスは,テーバイ市外で旅人に〈朝は四つ足,昼は二つ足,夜は三つ足のものは何か〉という謎をかけては殺していたが,オイディプスにその謎を解かれて(答えは〈人間〉。赤児は四足ではい,成人は二足歩行し,老いれば杖をつくから)自殺した。エジプトやアッシリアなどでは王や神の権力の象徴として表現され,神殿,王宮,墓所などの入口や参道にその像が置かれた。ギーザにあるものが最大で,全長約73m,高さ約20m。世紀末美術では〈宿命の女〉の主題として登場する。
→関連項目カルナック神殿

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

スフィンクス

円谷プロダクションによる特撮ドラマシリーズ「ウルトラシリーズ」に登場する怪獣。古代超獣。初登場作品は『ウルトラマンA(エース)』。身長58メートル、体重6万5千トン。古代星人オリオン星人に操られる。

スフィンクス

米国の作家ロビン・クックの長編小説(1979)。原題《Sphinx》。1980年フランクリン・J・シャフナー監督で映画化。

スフィンクス

1980年製作のアメリカ映画。原題《Sphinx》。ロビン・クックの同名サスペンス小説の映画化。監督:フランクリン・J・シャフナー、主演:レスリー・アン・ダウン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スフィンクス【sphinx】

人間の頭とライオンの胴体をもった怪獣。古代におけるスフィンクスの美術・文学上の表現は,エジプト,ギリシア,メソポタミアに見られ,その起源は最古期のエジプトに求められる。 エジプトではカイロ郊外ギーザの丘のピラミッド群と並んで自然岩から彫り出された巨大なスフィンクス像がよく知られているが,小型のものはエジプト各地の遺跡に見られる。ナイル中流テーベ遺跡の対岸にあるカルナック神殿では,ピロン(前門)の入口に達する参道の両側に何十もの小型スフィンクスが立てられており,古代エジプト人にとってスフィンクスはなじみ深いものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スフィンクス【Sphinx】

エジプト・アッシリアなどにおける神殿・王宮・墳墓などを守護する人頭獅子しし身の巨大な石像。ギリシャ神話では女性化され、翼をもつ姿に変化。テーベの岩山に現れて「朝は四脚、昼は二脚、夜は三脚で歩く動物は何か」という謎をかけ、答えられない通行者を殺していた。オイディプスが「それは人間である」と答えると、海中に身を投じて死んだという。
ネコの一品種。アメリカ原産。全くの無毛。体形はデボンレックスと同じで、大きな耳と、アーモンド形の目が特徴。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スフィンクス
すふぃんくす
sphinx

頭は人間、胴体はライオン(場合によって有翼)の神話的存在。エジプトに起源を発するが、のちに、シリア、アナトリア、地中海世界、ギリシア本土などに伝播(でんぱ)した。エジプトにおいてスフィンクスは、古くは第四王朝期(前2650ころ)に、ギゼーにある王カフラのピラミッドに並んで刻まれた大スフィンクスとして登場する。これは、王自身の像だといわれる。そもそもスフィンクスは、王をライオンとするエジプトの古い観念に発するといわれ、王妃も女性スフィンクスとして表された。紀元前二千年紀に入ると、スフィンクスはしばしば神――たとえば太陽神――の化身としても信じられた。
 前二千年紀中葉から前一千年紀前半にかけて、アナトリア、シリア、パレスチナ、キプロスなどにおいてもスフィンクスが重んじられたことは、考古学的発掘により明らかになってきている。スフィンクスの石像が門の両側に置かれたり(アラヤ・ヒユク、ハットウシャ。前14世紀ごろ)、建造物の一部として用いられたり(カルケミシュ、サムアル。前9~前8世紀)、象牙(ぞうげ)の浮彫りや青銅像が宗教色の強い装飾として使われた(キプロス、サマリア、ルサヒニリなど。前9~前7世紀)。これらはすべて有翼(女性?)像で、守護神(霊)的な役割を果たしていた。ギリシアでスフィンクスは、初めは死を見守る神話的存在として厄祓(やくばら)いの目的で盾や墓などに刻まれていたが、のちテーベ伝説に取り込まれ有名になった。[月本昭男]

神話

ギリシア神話において、スフィンクスはもっとも普通には、女の顔と獅子(しし)の身体に翼(つばさ)をもつ怪物として描かれる。古くは子供をさらい、戦士の倒れるのを待ち受ける死霊のごときものと考えられていた。が、反面、魔除(よ)けの護符の図像ともされた。次の段階では、スフィンクスは土地の害獣とされた。系譜上ではエキドナ(蛇女)とティフォンの子、あるいはキマイラとオルトスの子とされ、兄弟であるネメアの獅子がネメアの地を荒らしたごとく、スフィンクスはヘラ女神によりテバイ(テーベ)に送り込まれてその地の人々を苦しめた。これは、テバイ王家が犯した罪に対する罰であった。
 さらにスフィンクスは、土地の害獣から、謎(なぞ)をかける怪物へと発展する。「一つの声をもち、(朝に)四つ足、(昼に)二つ足、(夜に)三つ足となるものは何か」「一方が他方を生み、生んだ女が生まれた女によって生み出されるような姉妹とは何か」「生まれ出るときもっとも大きく、盛りのとき小さく、老いてふたたび最大になるものは何か」など。スフィンクスは、人々にこれらの謎をかけては解けない者を食い殺していた。やがてオイディプスが現れて、第一の謎の答えは「人間。幼時には四つ足で這(は)い、長じては両足で歩き、老いては杖(つえ)を引くから」と解くと、スフィンクスは恥じて身を投げ、死んだ。残りの二つの謎の答えは、昼と夜の姉妹、および影である。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スフィンクス

[1]
[一] (Sphinks) ギリシア神話の怪物の名。翼を持つ女形で表現される。通行人に「朝は四脚、昼は二脚、夜は三脚で歩く動物は何か」という謎をかけ、解けない者を殺していたが、オイディプスによって「人間である」と解答され、海に身を投じて死んだという。
[二] (sphinx) エジプトのギザのピラミッドに伴う人頭獅身の石像。(一)の怪物に類似しているところからギリシア人によって名づけられたもの。エジプト人は王を獅身として表現したが、これはクフカ=フ=ラ王(ギザ第四王朝)の顔貌をうつし、身は獅身をかたどり、ピラミッドを守護している。
[2] 〘名〙 ((一)(一)から) えたいの知れない怪物。なぞの人物。〔外来語辞典(1914)〕
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一三「工場とは科学と神秘の相錯綜した永遠のスフインクスです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスフィンクスの言及

【謎】より

…〈宇宙卵〉の墜落と歴史の始まりという宇宙開闢(かいびやく)神話の残響がここに聞きとれる。〈朝は4本足,昼は2本足,夕は3本足の動物は何か〉という有名なスフィンクスのなぞも,単なる遊びではなかった。なぞに答えられない者を食べてしまう怪物によって,テーバイの国は危機に陥っていたが,オイディプスがこれを〈人間〉と解いて,怪物を退治し,秩序を回復したのである。…

【骨】より

…骨はまた死の象徴でもある。オイディプスが人面獅子身の怪物スフィンクスに出会ったとき,彼女のまわりにはなぞに答えられず食われた旅人の骨が散乱していた。オデュッセウスらを魅した海の魔女セイレンたちの座るあたりには人骨がうずたかく積もっていた(ホメロス《オデュッセイア》)。…

※「スフィンクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スフィンクスの関連情報