コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アイギス Aigis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アイギス
Aigis

ギリシア神話にゼウスおよびアテナ持物として現われるやぎ皮の。ゼウスの楯には,クレタ島で彼の乳母役をつとめた雌やぎアマルテイアの皮が張られ,雲を集める気象神としての彼の働きを象徴する。アテナの楯には中央にペルセウスから献上されたゴルゴ・メドゥサの頭が取付けられ,見る者を化石にしてしまう恐ろしい武器である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アイギス【aigis】

ホメロスの記述によれば,鍛冶の神ヘファイストスがゼウスのために作った魔力をもつ盾のような武器。普通〈山羊皮楯〉と訳されるが,この説には矛盾や異論がある。ゼウスは敵に対して実際には右手で雷霆(らいてい)を投げる天空神であり,アイギスは左手に振りかざす〈雷雲〉の象徴と解釈される。怪物ゴルゴンの首と黄金の総(ふさ)で飾られ,ときにはアテナおよびアポロンに貸し与えられた。この語が造形美術では,もっぱらアテナの外衣として用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アイギス【aigis】

ゼウスとアテナの持ち物の一つ。アテナのそれは、肩から羽織られる小さい肩掛けもしくは胸当てに似、普通多数の蛇の房で縁取られ、うろこ状の地の中央にゴルゴンの首をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアイギスの言及

【雲】より

…【内田 英治】
【神話,伝承】
 北欧神話によれば,太古に神々の王オーディンが,弟のビリとベーの2神と協力して巨人ユミルを殺し,その死骸から宇宙を創造したときに,雲はこの〈世界巨人〉の脳髄から造られた。 ギリシア神話では,雲は,最高神ゼウスが持つアイギスという山羊皮の楯によって,自在に集められたり散らされたりする。この〈雲楯〉をゼウスは,彼より前に世界を支配していた神々のティタンたちと戦ったときに,自分がその乳で養われた牝山羊アマルテイアの皮を剝いで造ったといわれる。…

※「アイギス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アイギスの関連キーワードクリュタイムネストラアテナ・パルテノスアテナ・パルテノスクリタイムネストラテュエステスオレステイアカッサンドラアガメムノンギリシア神話アトレウスメドゥーサトロヤ戦争エレクトラオレステスメネラオスイージス艦ホメロスバスト胸当て

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android