コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトゥラウ アトゥラウ Atyrau

2件 の用語解説(アトゥラウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトゥラウ
アトゥラウ
Atyrau

カザフスタン西部,アトゥラウ州の州都。カスピ海北岸,ウラル川河口の三角州に位置する港湾都市。 1992年までグリエフ Guryevと称した。 17世紀半ばミハイル・グリエフが漁業集落を建設,まもなくウラルコサックの要塞となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アトゥラウ【Atyrau】

中央アジア,カザフスタン共和国西部,同名州の州都。旧名グリエフGur’evを1990年代に改称(州名も同様)。人口15万2500(1991)。カスピ海北東岸,ウラル川河口の港。漁業が中心産業であったが,現在石油化学・機械製造工業,魚類加工コンビナートもあり,パイプラインの起点・中継点となっている。1640年に大商人グリエフ家が創設,間もなくヤイク・コサックから通商路を守るため,政府命令によって石造の要塞村落へ改造。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アトゥラウの関連キーワードカザフカザフ語キルギス語シルダリアトルキスタンアクモラカザフ族カラカルパクスタン[自治共和国]ベトパク・ダラカザフ種 (Kazakh)

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone