アトゥラウ(英語表記)Atyrau

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトゥラウ
Atyrau

カザフスタン西部,アトゥラウ州の州都。カスピ海北岸,ウラル川河口の三角州に位置する港湾都市。 1992年までグリエフ Guryevと称した。 17世紀半ばミハイル・グリエフが漁業集落を建設,まもなくウラル・コサックの要塞となった。ソビエト連邦時代は漁業と貿易が経済活動の中心。その後製油,石油化学,缶詰,船舶修理などの工業も立地した。カザフスタン科学アカデミーの支部のほか,教育大学,博物館,劇場がある。ロシアのオルスクと鉄道で結ばれる。人口 14万 6900 (1995推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アトゥラウ【Atyrau】

中央アジア,カザフスタン共和国西部,同名州の州都。旧名グリエフGur’evを1990年代に改称(州名も同様)。人口15万2500(1991)。カスピ海北東岸,ウラル川河口の港。漁業が中心産業であったが,現在石油化学・機械製造工業,魚類加工コンビナートもあり,パイプラインの起点・中継点となっている。1640年に大商人グリエフ家が創設,間もなくヤイク・コサックから通商路を守るため,政府命令によって石造の要塞村落へ改造。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android