コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナディル[山脈] Anadyrskii khrebet

世界大百科事典 第2版の解説

アナディル[山脈]【Anadyrskii khrebet】

ロシア連邦北東端の中山性,ときに高原状の山脈。最近ではチュコート山地とも呼ばれる。北極海ベーリング海峡分水界となり,チュコート湾に終わる。標高約500~1000m,長さ約450kmで河川に分断されながら南東方向につづく。ケツ岩,砂岩など堆積岩よりなるが,一部には火山性堆積物もみられる。最高点は2300m峰。1月平均気温は南東部では-15℃,北西部では-30℃,夏も冷涼で霧のかかる日が多い。山地にはツンドラや湿地が発達し,山頂部は裸地も広く分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android