コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナログ量 あなろぐりょう

1件 の用語解説(アナログ量の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナログ量
あなろぐりょう

連続的な物理量をもって数値を表すことをいう。「アナログ」とはギリシア語analogia(相似を意味する)からきたことばで、大きさが連続的に変化して、いくらでもその中間の値をとることのできるような量をいい、長さ、電流、抵抗などの一般の物理量がこれに相当する。アナログ計器では、指針の移動による目盛りによって量の値を表す。また、アナログコンピュータでは、電子回路の電圧または電流によって数学上の問題の解を得ている。これに対し、ある一定量の単位が何個集まったかを数えていくような離散的な量(たとえば自然数を数えるような場合)をデジタル量という。[小野勝章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアナログ量の言及

【ディジタル】より

…ディジタル量を扱う計算,記憶・再生,伝送,表示などのシステムは,スイッチのオンとオフ,パルスの有と無,電圧のオンとオフなどの離散的な状態しかとらない要素を組み合わせて作り,論理演算をもとにして情報処理をする。アナログ量は連続的な値をとりうる物理量に寄生して存在するので,アナログ量を扱うシステムは物理的要素を組み合わせて作り,そのシステムを支配する物理法則に従った演算(たとえばコンデンサーに加えた電圧と電流の関係など)を利用して情報処理を行う。したがって物理法則の許す範囲内の計算しかできない。…

※「アナログ量」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アナログ量の関連情報