アバクーム自伝(読み)アバクームじでん(英語表記)Zhitië protopopa Avvakuma, im samim napisannoe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アバクーム自伝」の解説

アバクーム自伝
アバクームじでん
Zhitië protopopa Avvakuma, im samim napisannoe

ロシアの司祭 P.アバクーム著。 1672~75年執筆。迫害されて北極地方の地下牢に閉されていた時代に書いたもので,その抵抗精神にあふれた内容,口語を用いたユーモアたっぷりの素朴な文体後世に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android