アバクーム自伝(読み)アバクームじでん(英語表記)Zhitië protopopa Avvakuma, im samim napisannoe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「アバクーム自伝」の意味・わかりやすい解説

アバクーム自伝
アバクームじでん
Zhitië protopopa Avvakuma, im samim napisannoe

ロシア司祭 P.アバクーム著。 1672~75年執筆。迫害されて北極地方の地下牢に幽閉されていた時代に書いたもので,その抵抗精神にあふれた内容口語を用いたユーモアたっぷりの素朴な文体後世に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android