コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバニャーノ Abbagnano, Nicola

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバニャーノ
Abbagnano, Nicola

[生]1901.7.15. サレルノ
[没]1990.9.9. ミラノ
イタリア実存主義哲学の代表者。トリノ大学教授。ナポリ大学在学中から B.クローチェ,G.ジェンティーレに代表される新ヘーゲル派の超克を企て,「可能性の哲学」として現象学,実存哲学に目を向ける。主著『哲学的思惟における非合理的要素の必要』 Le sorgenti irrazionali del pensiero (1923) ,『実存の構造』 La struttura dell'esistenza (1939) ,『実証的実存主義』 Esistenzialismo positivo (1948) ほか多数。現代イギリス,アメリカの経験論的哲学にも興味を示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アバニャーノの関連キーワードイタリア哲学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android