コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバーデア国立公園 アバーデアコクリツコウエン

2件 の用語解説(アバーデア国立公園の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アバーデア‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アバーデア国立公園】

Aberdare National Park》ケニア中央部にある国立公園。首都ナイロビの北約100キロメートルに位置する。面積約770平方キロメートル。標高2000~4000メートルの森林地帯にあり、落差270メートルのカルル滝をはじめ多様な自然景観恵まれる。アフリカゾウ、バッファロー、クロサイなどの野生動物が生息。キクユ族の村が点在する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

アバーデアこくりつこうえん【アバーデア国立公園】

ケニアのアバーデアにある、同国では珍しい森林の国立公園。首都ナイロビから70kmほど北のニエリを中心としている。平均標高3300mのアバーデア山脈一帯は、森林が多く、渓谷や滝、高山植物といった景観が楽しめる。面積は766km2。森林環境のため、高床式ロッジなどから周辺の水場に集まってくるゾウ、バッファロー、ブッシュバック、スイギュウボンゴ、クロサイなどの野生動物を観察できる。クロサイは約50頭ほどが生息しており、運がよければ黒ヒョウやボンゴにも出合える。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アバーデア国立公園の関連キーワードケニア山国立公園レーバーデーアニックガーデンオールドアバディーンケニアバッグビアバーバダチョニジュニアバンタム級ピュアバーディーケニア岩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone