コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバーデア国立公園 アバーデアコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

アバーデア‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アバーデア国立公園】

Aberdare National Park》ケニア中央部にある国立公園。首都ナイロビの北約100キロメートルに位置する。面積約770平方キロメートル。標高2000~4000メートルの森林地帯にあり、落差270メートルのカルル滝をはじめ多様な自然景観に恵まれる。アフリカゾウ、バッファロー、クロサイなどの野生動物が生息。キクユ族の村が点在する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

アバーデアこくりつこうえん【アバーデア国立公園】

ケニアのアバーデアにある、同国では珍しい森林の国立公園。首都ナイロビから70kmほど北のニエリを中心としている。平均標高3300mのアバーデア山脈一帯は、森林が多く、渓谷や滝、高山植物といった景観が楽しめる。面積は766km2。森林環境のため、高床式ロッジなどから周辺の水場に集まってくるゾウ、バッファロー、ブッシュバック、スイギュウ、ボンゴ、クロサイなどの野生動物を観察できる。クロサイは約50頭ほどが生息しており、運がよければ黒ヒョウやボンゴにも出合える。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

アバーデア国立公園の関連キーワード世界のおもな博物館世界のおもな美術館世界のおもなアカデミー国益ガーナ海洋大気局妊娠中絶禁止運動アンチ・アボーション運動国内総生産GDP

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android