コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビスコ国立公園 アビスコこくりつこうえんAbisko National Park

2件 の用語解説(アビスコ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アビスコ国立公園
アビスコこくりつこうえん
Abisko National Park

スウェーデン最北の国立公園。 1909年設定。面積 68km2。峡谷や湖などがある高山地帯で,30%は露岩。低地の斜面はカンバの低木でおおわれる。ホッキョクウグイスなど鳥類が豊富で,クマ,オオジカキツネなど極地に典型的な動物が生息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アビスコ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アビスコ国立公園】

Abisko National Park》スウェーデン北部、ラップランド地方のノルウェー国境近くにある国立公園。「王様の散歩道」とよばれる全長約450キロメートルトレッキングコースの起点。氷河が刻んだ渓谷や美しい山岳景観で知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アビスコ国立公園の関連キーワードスバルレオポルド2世父の日ピーター・ドラッカーゴッチェジェーンズネットー山路愛山超変成作用分化作用

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アビスコ国立公園の関連情報