コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビスコ国立公園 アビスコこくりつこうえんAbisko National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アビスコ国立公園
アビスコこくりつこうえん
Abisko National Park

スウェーデン最北の国立公園。 1909年設定。面積 68km2。峡谷や湖などがある高山地帯で,30%は露岩。低地の斜面はカンバの低木でおおわれる。ホッキョクウグイスなど鳥類が豊富で,クマ,オオジカ,キツネなど極地に典型的な動物が生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アビスコ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【アビスコ国立公園】

Abisko National Park》スウェーデン北部、ラップランド地方のノルウェー国境近くにある国立公園。「王様の散歩道」とよばれる全長約450キロメートルのトレッキングコースの起点。氷河が刻んだ渓谷や美しい山岳景観で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アビスコ国立公園の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト安井息軒(やすいそくけん)レオポルド2世父の日ピーター・ドラッカー

今日のキーワード

118番の日

1月18日。海上保安庁への緊急通報用電話番号である「118」の啓発活動を行い、海の安全確保に努める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android