コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフォンソ Afonso

世界大百科事典 第2版の解説

アフォンソ【Afonso】

?‐1545
アフリカ,コンゴ王国の王(マニ・コンゴ)。在位1506‐45年。15世紀末以降ポルトガル人が渡来するようになると,カトリックに改宗,1506年に即位してアフォンソ1世と称した(旧名ヌジンガ・ムベンバNzinga Mvemba)。彼は,ポルトガルと外交使節を交換し,宣教師,石工,鍛冶屋,農業技術者などを迎えいれて,キリスト教の布教を奨励するなど,ポルトガル文化の摂取につとめ,欧化政策に力を注いだ。2人の皇子をローマ教皇のもとに派遣し,欧風の宮殿を建て,教会や学校をつくり,首都ムバンザ・コンゴをサン・サルバドルと改称したほどである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアフォンソの言及

【コンゴ民主共和国】より

…コンゴ王国のポルトガルに対する態度はきわめて友好的で,当時の王(マニ・コンゴMani Kongoと呼ばれた)ヌジンガ・ヌクウNzinga Nkuwu(在位?‐1506)は自らポルトガル名を採用してジョアン1世と称し,ポルトガルと外交関係を開いた。その後継者ヌジンガ・ムベンバ(アフォンソ1世。在位1506‐45)はさらに熱心な欧化主義者で,キリスト教に入信し,ポルトガル語を学習し,臣下の高官に爵位を授け,欧風の宮殿を建て,キリスト教会や学校を造り,首都ムバンザ・コンゴをサン・サルバドルと改名したほか,王子をローマ教皇のもとへ派遣するなど,きわめて積極的な欧化政策を採用した。…

※「アフォンソ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アフォンソの関連キーワードペドロ2世[ポルトガル王]サンビセンテデフォーラ教会コインブラの旧カテドラルジョアン2世(完全王)サンショ1世(植民王)パウロ・アフォンソ滝アルコバッサの修道院ギマランイス歴史地区サンフランシスコ川アフォンソ[1世]コインブラ旧大聖堂ディニス(農夫王)サンタクルス修道院ブラガンサ公爵館マヌエル[1世]アルコバサ修道院ジョアン[2世]サン・ビセンテリスボン大聖堂ギマランイス城

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android