アフガンハウンド(英語表記)Afghan hound

翻訳|Afghan hound

大辞林 第三版の解説

アフガンハウンド【Afghan hound】

イヌの一品種。アフガニスタン原産。体高60~70センチメートル。額の部分を除き、全身絹糸状の長毛でおおわれ、貴族的な容貌をもつ。紀元前4000年頃からいたといわれる。鹿などの猟犬。愛玩犬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフガンハウンド
あふがんはうんど
Afghan hound

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、長足の大形獣猟犬である。原産地はアフガニスタンであるが、山岳地帯に産するものと、平地あるいは砂漠地帯に産するものとでは、いささかタイプが異なる。原産地では家畜群の護衛のほか、シカやヒョウなどの獣猟に使用されていた。本種はディアハウンドやアイリッシュウルフハウンドなどとともにグレーハウンド族に属し、視覚によって獲物を狩る犬種である。体形は腰部が他犬種に比べて高く幅広い。現在公認されている本種は、イギリスに輸入された平原タイプのものと、山岳タイプのものを交配して作出されたもので、美しい長毛があり、日本でも家庭犬として人気が高い。毛色はフォーンが多く、ほかにクリーム、赤、トライカラー、ブリンドル、ブラックエンドタンなどがある。体高60.5~71.5センチメートル、体重23~28キログラム。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android