コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフガンハウンド アフガンハウンド Afghan hound

翻訳|Afghan hound

3件 の用語解説(アフガンハウンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アフガン‐ハウンド(Afghan hound)

犬の一品種。アフガニスタンの原産で、狩猟用・愛玩用。大形で鼻先がとがり、脚が長く、毛は絹糸状で長い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アフガンハウンド【Afghan hound】

イヌの一品種。アフガニスタン原産。体高60~70センチメートル。額の部分を除き、全身絹糸状の長毛でおおわれ、貴族的な容貌をもつ。紀元前4000年頃からいたといわれる。鹿などの猟犬。愛玩犬。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフガンハウンド
あふがんはうんど
Afghan hound

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜であるイヌの1品種で、長足の大形獣猟犬である。原産地はアフガニスタンであるが、山岳地帯に産するものと、平地あるいは砂漠地帯に産するものとでは、いささかタイプが異なる。原産地では家畜群の護衛のほか、シカやヒョウなどの獣猟に使用されていた。本種はディアハウンドやアイリッシュウルフハウンドなどとともにグレーハウンド族に属し、視覚によって獲物を狩る犬種である。体形は腰部が他犬種に比べて高く幅広い。現在公認されている本種は、イギリスに輸入された平原タイプのものと、山岳タイプのものを交配して作出されたもので、美しい長毛があり、日本でも家庭犬として人気が高い。毛色はフォーンが多く、ほかにクリーム、赤、トライカラー、ブリンドル、ブラックエンドタンなどがある。体高60.5~71.5センチメートル、体重23~28キログラム。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフガンハウンドの関連キーワードアフガニスタンムルタン阿魏アフガンアフガン侵攻アフガン・ハウンドアフガニスタン戦争9・11とアフガニスタンイギリス・アフガニスタン戦争バーラクザイ朝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アフガンハウンドの関連情報