コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・ハーン あふまどはーん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフマド・ハーン
あふまどはーん
Sir Sayyid Amad Khn
(1817―1898)

インドのムスリム思想家、社会改革家。デリーに生まれ、20歳のときイギリス政府の役人となり、のちにイギリスから「インドの星勲爵士」の称号を授与された。ムガル帝国下のインド・ムスリムが反英的傾向を強め、近代化を拒んだのに対し、彼はイギリス支配を好意的に受け入れ、ムスリムはイギリスと協力して近代化を行うこと、とくにムスリム子弟のための近代的教育の必要性を主張し、1875年アリーガルにカレッジを創立した。彼の思想は19世紀西欧の科学的合理主義を強調したもので、自然科学を絶対視し、自然に反するものはイスラムにあらずと主張したが、アフガーニーから現代の「ダフリーヤ」(唯物主義)と批判された。また、いっさいの奇跡を合理的に解釈した彼の『コーラン註釈(ちゅうしゃく)』も保守的なウラマー(法学者)から排斥された。しかし、彼の合理的イスラム解釈は、後のインド、パキスタンのムスリム思想家に多くの影響を与えた。政治上では、ヒンドゥーが政府で多数派を占めると、ヒンドゥー優位に対するムスリム社会の危機意識をいち早く感じとり、ムスリムの立場を擁護して反ヒンドゥー感情を強め、後のムスリム連盟結成(1906)の基盤をつくった。[竹下政孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアフマド・ハーンの言及

【インド文学】より

…古典デリー詩派は,ゾウク,ガーリブ,モーミンを最後にして,ムガル朝の瓦解とともに終わった。 ウルドゥー散文文学は1800年カルカッタに設立されたフォート・ウィリアム・カレッジの教師陣によるペルシア,アラビア,サンスクリット文学の翻訳・翻案活動を契機に発展し,インド大反乱後アフマド・ハーンによって組織された近代文学運動に引き継がれた。ハーリー,シブリー,アーザード,ナジール・アフマドらにより伝記,評論,詩,小説,随筆,歴史などの分野が確立された。…

※「アフマド・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフマド・ハーンの関連キーワードヌマーニー シブリーアリーガル大学アリーガル運動10月17日ムスリム連盟イスラム文化アーザードシブリーハーリー

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android