コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・ハーン あふまどはーん

1件 の用語解説(アフマド・ハーンの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アフマド・ハーン
あふまどはーん
Sir Sayyid Amad Khn
(1817―1898)

インドのムスリム思想家、社会改革家。デリーに生まれ、20歳のときイギリス政府の役人となり、のちにイギリスから「インドの星勲爵士」の称号を授与された。ムガル帝国下のインド・ムスリムが反英的傾向を強め、近代化を拒んだのに対し、彼はイギリス支配を好意的に受け入れ、ムスリムはイギリスと協力して近代化を行うこと、とくにムスリム子弟のための近代的教育の必要性を主張し、1875年アリーガルカレッジを創立した。彼の思想は19世紀西欧の科学的合理主義を強調したもので、自然科学を絶対視し、自然に反するものはイスラムにあらずと主張したが、アフガーニーから現代の「ダフリーヤ」(唯物主義)と批判された。また、いっさいの奇跡を合理的に解釈した彼の『コーラン註釈(ちゅうしゃく)』も保守的なウラマー(法学者)から排斥された。しかし、彼の合理的イスラム解釈は、後のインド、パキスタンのムスリム思想家に多くの影響を与えた。政治上では、ヒンドゥーが政府で多数派を占めると、ヒンドゥー優位に対するムスリム社会の危機意識をいち早く感じとり、ムスリムの立場を擁護して反ヒンドゥー感情を強め、後のムスリム連盟結成(1906)の基盤をつくった。[竹下政孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアフマド・ハーンの言及

【インド文学】より

…古典デリー詩派は,ゾウク,ガーリブ,モーミンを最後にして,ムガル朝の瓦解とともに終わった。 ウルドゥー散文文学は1800年カルカッタに設立されたフォート・ウィリアム・カレッジの教師陣によるペルシア,アラビア,サンスクリット文学の翻訳・翻案活動を契機に発展し,インド大反乱後アフマド・ハーンによって組織された近代文学運動に引き継がれた。ハーリー,シブリー,アーザード,ナジール・アフマドらにより伝記,評論,詩,小説,随筆,歴史などの分野が確立された。…

※「アフマド・ハーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone