コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アフマド・アラービー Aḥmad ‘Urābī

世界大百科事典 第2版の解説

アフマド・アラービー【Aḥmad ‘Urābī】

1841‐1911
エジプトの軍人。アラービー・パシャ‘Arābī Pashaとも呼ばれる下エジプト地方シャルキーヤ県ハッリーヤ・ラズナ村の有力者の息子として生まれ,1854年入隊,58年将校となった。79年大佐に昇進,その間エジプト人将校からなる秘密軍人グループを組織し,同年エジプトの独立と立憲制とを目指すワタン党の結成に協力,後に彼の名を冠してアラービー運動とも呼ばれる民族運動を指導,81年陸軍大臣となった。イギリスの軍事干渉に抵抗したが,82年タッル・アルカビールの戦に敗れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のアフマド・アラービーの言及

【アラービー運動】より

…1879年に結成されたワタン(祖国)党を中心勢力とし,アフマド・アラービー大佐を指導者とするエジプトの民族運動。オラービー運動ともよばれる。…

※「アフマド・アラービー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アフマド・アラービーの関連キーワード牧野省三アストン天保の改革桂太郎内閣ランデールアストンヘボンローリエ清元梅吉岩石区