アフマド・アラービー(英語表記)Aḥmad ‘Urābī

世界大百科事典 第2版「アフマド・アラービー」の解説

アフマド・アラービー【Aḥmad ‘Urābī】

1841‐1911
エジプト軍人。アラービー・パシャ‘Arābī Pashaとも呼ばれる。下エジプト地方シャルキーヤ県ハッリーヤ・ラズナ村の有力者の息子として生まれ,1854年入隊,58年将校となった。79年大佐に昇進,その間エジプト人将校からなる秘密軍人グループを組織し,同年エジプトの独立と立憲制とを目指すワタン党結成に協力,後に彼の名を冠してアラービー運動とも呼ばれる民族運動を指導,81年陸軍大臣となった。イギリスの軍事干渉に抵抗したが,82年タッル・アルカビールの戦に敗れた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアフマド・アラービーの言及

【アラービー運動】より

…1879年に結成されたワタン(祖国)党を中心勢力とし,アフマド・アラービー大佐を指導者とするエジプトの民族運動。オラービー運動ともよばれる。…

※「アフマド・アラービー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android