コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブサロムとアキトフェル Absalom and Achitophel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブサロムとアキトフェル
Absalom and Achitophel

イギリスの詩人 J.ドライデンの風刺的物語詩。 1681年刊。チャールズ2世の頃,シャフツベリー公の一派が王位継承者として王弟ヨーク公を排除し,王の庶子モンマス公擁立を企てたが,81年,シャフツベリーは反逆罪で告発された。その裁判をめぐり,王と王弟に有利に導くという政治目的をもって書かれたもの。内容は旧約聖書『サムエル記』の,ダビデの子アブサロムが,重臣で陰謀家のアキトフェルにそそのかされて父王に反逆する話を利用したもので,旧約聖書の人物をかりて両派の主要人物の姿や動機を描き分け,当時の政治情勢をこえて現代読者にも興味深い作品となっている。イギリスの政治風刺詩の代表的傑作。第2部 (1682) は主として N.テートが書き,ドライデンが加筆したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アブサロムとアキトフェル(Absalom and Achitophel)

ドライデンによる詩。1681年発表。当時の英国の王位継承を巡る政治状況を巧みに風刺した作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

アブサロムとアキトフェル【Absalom and Achitophel】

イギリスの詩人J.ドライデンの筆になる政治風刺詩。1681年刊。時の国王チャールズ2世の王位継承問題をめぐる政治陰謀を,旧約聖書《サムエル記》下に語られたダビデの王位継承紛争になぞらえて語る。チャールズの庶子モンマス公はアブサロムに,陰謀の政治家シャフツベリー伯はアキトフェルにたとえられる。風刺の激しさと英雄対韻句の正確さで,時代の文学を代表する力作である。【川崎 寿彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アブサロムとアキトフェルの関連キーワードアレゴリー対句

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android