アブストラクト

デジタル大辞泉 「アブストラクト」の意味・読み・例文・類語

アブストラクト(abstract)

[名]
アブストラクトアート」の略。
抜粋摘要
[形動]抽象的な。観念的な。「アブストラクト彫刻

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「アブストラクト」の意味・読み・例文・類語

アブストラクト

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] abstract )
  2. ( 形動 ) 抽象すること。抽象されたこと、もの。また、抽象的。〔外来語辞典(1914)〕
  3. ( [英語] abstract art の略 ) 一九一〇年頃より起こった芸術思潮。絵画等を制作する際、説明的要素を排し、純粋に造型要素としての線、面、色の配合によって構成するもの。抽象美術
  4. 文献要約したもの。摘要。
    1. [初出の実例]「『〈略〉』というような要約がある。『こういうアブストラクトはどうも無意味だと思うが』といわれると」(出典:現代歴史学の課題(1962)〈林健太郎〉問題はマルクス主義に)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android