アブドゥル・ラッザーク・サマルカンディー(英語表記)`Abd al-Razzāq Kamāl al-Dīn b. Jalāl al-Dīn Isḥāq al-Samarqandī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ラッザーク・サマルカンディー
`Abd al-Razzāq Kamāl al-Dīn b. Jalāl al-Dīn Isḥāq al-Samarqandī

[生]1413. ヘラート
[没]1482
チムール朝に仕えたイラン人歴史家。最初チムール朝のシャー・ルフに仕え,1441年にはインドに,46年にはギーラーンに使節として派遣された。シャー・ルフの没後はその孫たちに仕え,特にアブル・カーシム・バーブルには腹心の友として重用された。アブー・サイード (不賽因) 治下の 63年にはヘラートのシャー・ルフの僧院の長に任じられ,没するまでその地位を保った。主著『二つの幸運の星の交合と二つの海の結合』 Maṭla`-i Sa`dayn va Majma`i Baḥrayn (1470,80に改訂) は,1304/5年のイル・ハン,アブー・サイード (不賽因) の出生からチムール朝のアブー・サイード没後の 71年にいたる年代記で,26~71年に関する部分は著者独自の情報に基づいており,史料的価値がきわめて高い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android