アブドゥル・ラフマーン3世(読み)アブドゥル・ラフマーンさんせい(英語表記)`Abd al-Rahmān III, al-Nāsir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ラフマーン3世
アブドゥル・ラフマーンさんせい
`Abd al-Rahmān III, al-Nāsir

[生]891.1. コルドバ
[没]961.10.15. コルドバ
後ウマイヤ朝第8代の君主 (在位 912~961) 。人種的,党派的な争いで分裂ぎみであった国内をまとめ,コルドバをイスラム文芸の中心地に発展させた。 929年にはカリフの別称アミール・アルムーミニーンを称して東方のアッバース朝カリフと対抗した。スペインではアブデラマン3世として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

アブドゥル・ラフマーン3世

生年月日:891年1月7日
後ウマイヤ朝第8代の君主(在位912〜961)
961年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android