コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブル・アッバース Abū al-Abbās, al-Saffāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブル・アッバース
Abū al-Abbās, al-Saffāh

[生]724頃
[没]754. アンバール
アッバース朝第1代のカリフ (在位 749~754) 。アッバース家の革命運動の支持者に推され,749年 11月 28日イラクのクーファでカリフを宣言した。翌年ウマイヤ朝を倒すとウマイヤ家一門の者を虐殺し,革命運動に参加したシーア派イスラム教徒までも殺害して王朝の安定化をはかった。死後はサッファーフ (血をすすぐ者,メシアの意味もある) というあだ名で知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブル・アッバース
あぶるあっばーす

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アブル・アッバースの関連キーワードイーサー・イブン・ムーサーアブー・ムスリム中東史(年表)マンスールバルマク家ザーブ川ワジール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android